ネコのように暮らしたい

ジャニヲタアラサー女の日常や趣味のあれこれ。

〇〇映えとは

 

 

 

いつからか言われ始めた、〇〇映え。

 

テレビでもしょっちゅう聞く。

SNS映え

インスタ映え

だいたいはこの二つだろうけど、フォトジェニックなんて単語も混ざってちらほら聞こえてくる。なんだよフォトジェニックって。ってググったら、写真写り…写真映え的な意味だった。写真写りがいい、じゃいけないのだろうか…。

 

何かにつけてテレビのナレーションに紛れ込んでくる、SNS映え、インスタ映え。正直大分鬱陶しい。もう一度言う。大分鬱陶しい。個人的に一番おかしくない?と思っているのは、

SNSやインスタグラムにアップする目的で出かけたり食べ物や色んなものの写真を撮りに行く

ことだ。本来は、あの景色が見たいから、あの食べ物が美味しそうだから、そういうふうに心がそのものを求めるからその場所を訪れるのだと思うのだが。いいね!が欲しいからってコンサート会場行かないだろ、と思う。コンサートに行くから、グッズが欲しいから、などの理由があって現地に行って、現地の写真を撮ったりしてるはずだ。

なんだか、順番がおかしい。

 

そうじゃないでしょう。

行きたいから行くのでしょう。

食べたいから行くのでしょう。

と思ってしまう。インスタグラムでいいね!をたくさん貰いたいからって理由もなかなか凄い。その理由、SNSに踊らされすぎている。それに、自分の周りの人と競い合ってる感じが否めない。

怖いな、そんな意見が蔓延ってる感じが。人のこと言えないけど(SNSうつになりがちなタイプ)。本当、おかしいと思う。いいね貰ってどうするの?お金にもならないし、みんな惰性で押してそう。本当にいいねと思って押してくれてる人って僅かなんじゃない?もしかして。

 

商売してる人や地元の人からしたら、目的がインスタ映えする写真をとるためだとしても、訪れてくれることは嬉しいに違いない。経済が潤うのならば、悪いことではない。むしろ良いことだ。でも、どうせならその場所やもの自体に魅力を感じて来てくれる人の方が良いに決まってる。訪れてみて、撮りたいと思ったなら撮ればいい。まぁ、マナーを考えると飲食店でパシャパシャ撮るのもどうなのってところだけど。

 

 

行きたいから、食べたいから、そう思って訪れた先で写真を撮る流れにするべきだ。そうでなければ、きっと何も残らない。だって、行きたかったり食べたかったりしていないのに写真に撮りたいという理由だけで訪れたから。そのものに対して恐らく思い入れや気持ちは少ない。

 

早くこの世間の流れが無くなればいいのに。そう思いながら、私はその流れを横目にいつも通り歩いている。